ギアレビュー

あるとめちゃくちゃ便利!BUNDOK薪キャリースタンドが薪運びに薪置きと大活躍

2021-06-05

薪キャリー サムネイル

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

こんにちは!
ミニマルキャンパーのBLIAN(@blian_campiiiiing)です。

この記事では、コスパ最強で薪運びに薪置きと大活躍する、BUNDOKの薪キャリースタンドをレビューします。

薪キャリースタンドは便利でコスパ抜群なのでひとつは用意しておきたいギアです!

この記事はこんな人におすすめ!

おすすめな人

  • どの薪ラックを買うか悩んでいる...
  • 多機能でコスパの良い薪ラックを知りたい!
  • 薪キャリースタンドの使い勝手を教えて!

この記事では、次のことがわかります。

ポイント

  • 薪キャリースタンドの持つ魅力がわかる!
  • 実際に使って感じたメリットやデメリットがわかる!
  • 薪キャリースタンドがおすすめな人がわかる!

コスパの良いキャンプギアをうまく活用しながら、上手にキャンプ道具をそろえていきましょう!

購入に至るまでの経緯

はじめに、BUNDOKの薪キャリースタンドの購入を検討したきっかけや購入を決意した理由、実際に使ってみた感想についてご紹介します。

購入を検討したきっかけ

焚き火周りのレイアウト

そもそもキャンプを始めた頃は薪ラックなんてものを必要とは感じず、買うつもりはありませんでした。

しかしながら一度地面の湿気を吸った薪を使って焚き火をしたところ、くすぶってばかりで火は着かないわ、着いたら着いたで今度はパチパチと弾けて火の粉が飛び散るわで、ひどい目に合ったので薪ラックを買うことを決めました。

そこで薪ラックを選ぶ基準としては、コンテナの中に収納できること、そしてホームセンターで買った巻きを運べるよう薪キャリーとしても使えることでした。

そこで調べていく中で、DOD のとなりのまきちゃんと、このBUNDOKの薪キャリースタンドに選択肢が絞られていきました。

購入を決意した理由

薪と手袋が載った薪ラック

DODのとなりのまきちゃんとBUNDOKの薪キャリースタンドを比較すると、次の通りです。

DOD となりのまきちゃんBUNDOK 薪キャリースタンド
使用時W66×D22×H51cmW46×D43×H39cm
収納時W37×D22×H12cmW40×D14×H14cm
重量約1.3kg約1.75kg
積載量薪4束(約30kg)薪2束(約15kg)
価格4,990円(税込)2,700円(税込)

このように比較すると、DODのとなりのまきちゃんは使用時のサイズが大きいにも関わらず軽量コンパクトで、その上積載量も優れているというとんでもスペックです!

一方でBUNDOKの薪キャリースタンドはサイズも重量もそこそこですが、なにより低価格であることが魅力的です。

薪ラックは焚き火の近くで使うため、火の粉が飛んだりススがついたりとすぐに穴が開いたり汚れたりする可能性があることを考え、結果的に価格の安いBUNDOKにしたところ、これが大正解でした!


実際に使ってみた感想

テーブル越しの景色

はじめは生地が薄かったり、すぐに壊れたりするのではないかと心配していましたが、これが驚くほど頑丈に作られています。

そのためささくれた薪の束を運んだり、重い広葉樹の薪の束をドカッと置いたりと、ガシガシ使っても全く問題ありません。

それでいて収納時にはコンテナに収まるサイズまでコンパクトにできるため、ミニマルを目指している私にはぴったりでした!

暗めのオリーブ色もサイトに似合うために気に入っていて、今やサイトになくてはならない存在となっています。

参考

その他にもおすすめしたい便利な薪ラックについては、下記の記事を参考にしてみてください。

薪の置き場はラックで確保!コンパクトで多機能な薪ラックの選び方とおすすめ4選+2選

BUNDOK 薪キャリースタンドについて

それでは、私が購入したBUNDOKの薪キャリースタンドについて、スペックや特徴について簡単にまとめます。

BUNDOKとは

たくさんの薪が載った薪ラック

BUNDOK(バンドック)とは、新潟県三条市に本社を構える株式会社カワセが手掛けるアウトドアブランドであり、コスパに優れたキャンプ道具を数多く販売しています。

モットーとして、より手軽に快適なアウトドアライフを楽しめるよう、製品組み立ての簡素化や軽量化、リーズナブルな価格設定など、あらゆる面において研究を重ねて努力を続けています。

実際にソロベースといった軍幕型のテントや焚き火を楽しめるローチェアなど、コスパに優れながら非常に高評価を得ているキャンプギアを多数生み出しています。

薪キャリースタンドのスペック

薪キャリースタンドのスペックは、次の通りです。

  • 使用時:W46×D43×H39cm
  • 収納時:W40×D14×H14cm
  • 重量:約1.75kg
  • 材質:フレーム/スチール(粉体塗装)、生地/コットン100%

この通り収納サイズがコンパクトになるため、コンテナへの収納もバッチリです。

詳しくは、「全ての荷物をひとつに収納!上手にまとめるキャンプギアのスタキング収納術」を参考にしてください。

また価格も手頃で本当にコスパ最強なので、まだ薪ラックを持っていない人は是非検討してみてください!

ポイント

  • 薪の持ち運び機能も備えた薪ラックがほしい!
  • コンパクトに収納できる薪ラックを探している!
  • コスパ最強の薪ラックで予算を浮かせたい!

薪キャリースタンドのメリット

それでは、薪キャリースタンドを実際に使って感じたメリットをご紹介します。

薪キャリースタンドのメリット3つは、次の通りです。

メリット

  • 薪キャリーとしても使える
  • コンパクトに収納できる
  • コストパフォーマンスが最強

薪キャリーとしても使える

薪を運べる薪キャリー

その名の通り、薪を持ち運ぶキャリーとしても使うことができます。

私は事前にホームセンターなどで薪の束を買ってからキャンプに行くため、このように買った薪を持ち運ぶのに重宝しています。

コットン生地も厚みがあり、ささくれが刺さっても破れる心配はないため、気にせずガシガシと使うことができます。

このように薪ラックだけでなく薪キャリーとして一台で二役をこなせるのは、荷物を減らせる観点からもGOODSです。

コンパクトに収納できる

コンパクトな薪ラック

ご覧の通り、分解して収納袋に入れるとコンパクトに収納することができます。

薪ラックはフレーム部分が折りたためないものが多い中、薪キャリースタンドはショックコードで組み立てる構造なので、このようにコンパクトにできます。

おかげでコンテナに入れて持ち運ぶことができるため、キャンプはもちろん、家での収納もかさ張らずに済みます。

コンパクトさは正義です。

コストパフォーマンスが最強

薪を置いた薪ラック

タイトルにもあるように、とにかくコスパが最強です!

多機能で実用性、収納性を備えていながら、その価格は約3,000円と他製品と比べても断トツの安さです。

薪ラックは焚き火の近くで使う以上、火の粉で破れたりススで汚れることは仕方ありません。

しかしコスパ最強の薪キャリースタンドならそれほど気になりませんし、なんなら気軽に買い替えだって検討できます。

薪キャリースタンドのデメリット

一方で、実際に使って感じたデメリットもあるためご紹介します。

薪キャリースタンドのデメリット3つは、次の通りです。

デメリット

  • 重量はわりと重め
  • クオリティは値段相応
  • 組み立て後の移動は少々面倒

重量はわりと重め

重い薪ラック

薪キャリースタンドの重量は約1.75kgと、そこそこの重量があります。

そのためオートキャンパーならまだしも、バックパッカーだと持ち運びは厳しいと思います。

またコンパクトだからといってコンテナにたくさんギアを詰めていると、重すぎてコンテナが持ち上がらなくなることにも注意してください。

しかし重量がある分ラックとしての安定性も上がるため、そういう意味では決して悪いことだけではありません。

クオリティは値段相応

ほつれた生地

コスパは最強ですが、残念ながらクオリティは値段相応な部分があります。

例えば、コットン生地がところどころ縫製がほつれていたり、スチール製のスタンドには購入時から擦ったような小傷が至るところについていました。

小傷のついたフレーム

そのため新品の割には、すでに年季の入った雰囲気を醸しています。(それはそれで好きな人もいそうですが 笑)

もちろん使用に当たって問題とはなりませんが、神経質な人には少し気になる点かもしれません。

組み立て後の移動は少々面倒

分解した薪ラック

薪キャリースタンドは、スタンドにある4本のフレームを、キャリーのポケットに差し込んで組み立てる構造となっています。

そのため組み立て後にキャリーのハンドル部分だけを持って持ち上げると、すぐにスタンドから外れてしまいます。

もし薪キャリースタンドを移動させるなら、下の写真のようにハンドルではなく、土台となるスタンド部分ごと持ち上げなければなりません。

この部分は持ちづらいので、組み立て後の移動に関しては少々面倒に感じることがあります。

土台ごと持ち上げる

まとめ

BUNDOK薪キャリースタンド

この記事では、コスパ最強で薪運びに薪置きと大活躍する、BUNDOKの薪キャリースタンドをレビューしました。

薪キャリースタンドのスペックは、次の通りです。

  • 使用時:W46×D43×H39cm
  • 収納時:W40×D14×H14cm
  • 重量:約1.75kg
  • 材質:フレーム/スチール(粉体塗装)、生地/コットン100%

また、実際に薪キャリースタンドを使って感じたメリットとデメリットは、次の通りです。

メリット

  • 薪キャリーとしても使える
  • コンパクトに収納できる
  • コストパフォーマンスが最強

デメリット

  • 重量はわりと重め
  • クオリティは値段相応
  • 組み立て後の移動は少々面倒

多少のデメリットはありますが、圧倒的なメリットを考えると微々たるものです。

薪キャリースタンドはこんな人におすすめ!

おすすめの人

  • 薪の持ち運び機能も備えた薪ラックがほしい!
  • コンパクトに収納できる薪ラックを探している!
  • コスパ最強の薪ラックで予算を浮かせたい!

コスパの良いキャンプギアをうまく活用しながら、上手にキャンプ道具をそろえていきましょう!

それでは良いキャンプライフを!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

-ギアレビュー