ギアレビュー

キャンプサイトに映える木製テーブル!ビジョンピークスのクラシックウッドロールテーブルがコスパ抜群

2021-11-29

ウッドテーブルのサムネイル

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

こんにちは!
ミニマルキャンパーのBLIAN(@blian_campiiiiing)です。

この記事では、キャンプサイトに映えるコスパ抜群の木製テーブル、ビジョンピークスのクラシックウッドロールテーブルをレビューします。

おしゃれな木製テーブルをコスパよく手に入れることができます!

この記事はこんな人におすすめ!

おすすめな人

  • おしゃれな木製テーブルを探している!
  • コスパ抜群なウッドロールテーブルがほしい!
  • クラシックウッドロールテーブルの使い勝手を知りたい!

この記事では、次のことがわかります。

ポイント

  • クラシックウッドロールテーブルの魅力がわかる!
  • 実際に使って感じたメリットやデメリットがわかる!
  • クラシックウッドロールテーブルがおすすめな人がわかる!

コスパ抜群の木製テーブルを使って、おしゃれなキャンプサイトを作りましょう!

参考

その後さらなる美しいウッドテーブルが欲しくなって、買い替えました!詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

キャンプに映えるおしゃれな折りたたみウッドテーブルの決定版!CAMP MANIA PRODUCTSのCOMPACT MID TABLE(L)をレビュー

購入に至るまでの経緯

はじめに、ビジョンピークスのクラシックウッドロールテーブルの購入を検討したきっかけや購入を決意した理由、実際に使ってみた感想についてご紹介します。

購入を検討したきっかけ

テーブルに置かれたコーヒーセット

キャンプを始めた頃はとにかくミニマルにキャンプを楽しみたいと考え、そのためテーブルは持たずに、コンテナやキャリーワゴンに天板だけ載せてテーブルの代用にしようと考えていました。

しかしいざ挑戦してみると、テーブルとしては天板のサイズが足りなかったり、あるいはロースタイルで過ごすのには高さが高すぎて合わずで断念。

そこできちんとしたロースタイル用のテーブルを探すことにしました。キャンプ用のテーブルには様々な素材がありますが、多少重くてかさ張ったとしても、おしゃれで耐久性のあるウッドテーブルにすることにしました。

参考

魅力あふれる美しいウッドテーブルについて興味がある人は、下記の記事も参考にしてみてください。

目を奪われる高級感!ガレージブランドが作るおしゃれなウッドテーブルとおすすめ9選

購入を決意した理由

焚き火周りのレイアウト

キャンプ用のウッドテーブルで有名といえば、Hilanderのウッドロールトップテーブルです。

ウッドテーブルはおしゃれであるものの価格が非常に高く、なかなか手の出しづらいものであったところに高コスパのウッドテーブルを仕掛けてきたのがHilanderです。

そのためその後は一気にHilanderのウッドテーブルが広まり、さらには似たデザインのよりコスパの良いウッドテーブルも増えていきました。

その中で私が気になったのが、デザインが良く、さらなるコスパに優れたビジョンピークスのクラシックウッドロールテーブルでした。

実際に使ってみた感想

テントサイド

イメージしていた通りのナチュラルな雰囲気がキャンプサイトにも馴染み、選んで良かったと思います!

テーブルの大きさが程よく、2人なら余裕をもって、4人でも少し狭いですが問題なく使えるサイズ感です。

また高さは45cmと、Helinoxのチェアワンと合わせるのにちょうど良い高さです。何よりウッドの天板はやはり素敵で、キャンプサイト全体が明るくおしゃれになりました。

今後は塗装を剥がしてオイルを塗るなどして、よりウッドの雰囲気を楽しんでいこうと考えています。

参考

自分に合ったテーブルの選び方については、下記の記事を参考にしてみてください。

【完全版】素材と特徴に合わせた使い方!キャンプに最適なアウトドアテーブルの選び方とおすすめ8選

クラシックウッドロールテーブルについて

それでは、私が購入したビジョンピークスのクラシックウッドロールテーブルについて、スペックや特徴について簡単にまとめます。

ビジョンピークスとは

VISIONPEAKS Logo
画像出典:VISIONPEAKS

ビジョンピークス(VISIONPEAKS)とは、アウトドア用品を取り扱う老舗ブランドの株式会社ヒマラヤが手掛けるプライベートブランドです。

「すべての人にOUTDOOR LIFEを。」をブランドコンセプトに、機能やデザインだけでなく、コストパフォーマンスやハイバリューというこだわりを追求し続けています。

実際にコスパに優れた製品を多く販売しており、一部製品に関しては入荷次第即完売で売り切れが続出しているなど、非常に人気の高まっているブランドです。

クラシックウッドロールテーブルのスペック

夕方の宴会

クラシックウッドロールテーブルのスペックは、次の通りです。

  • 使用時:W90×D60×H45cm
  • 収納時:W90×D24×H11cm
  • 重量:約6.7kg
  • 耐荷重:約80kg
  • 材質:天然木(ブナ)、スチール

天板の大きさはW90×D60cm、高さは45cmと、ロースタイルで過ごすソロキャンプからファミリーキャンプまでぴったりです。

またテーブルは組立式となっているため、持ち運ぶときにはコンパクトにできます。組み立ても慣れれば一分ほどでできるため、準備や片付けも簡単です。

手頃な価格でウッドロールテーブルを使ってみたいと考えている人におすすめしたいテーブルです!

クラシックウッドロールテーブルの特徴

それでは、クラシックウッドロールテーブルの特徴をご紹介します。特徴3つは、次の通りです。

ポイント

  • ロゴのないシンプルなデザイン
  • 仕切りのついた収納袋
  • 安定感のある脚キャップ

ロゴのないシンプルなデザイン

シンプルなテーブル

ビジョンピークスは、自社の製品にロゴなどを一切刻印しないといった特徴があります。

そのためこのクラシックウッドロールテーブルについても、ロゴのないシンプルなデザインとなっています。

そのため転写シールなどを使って、自分だけのテーブルにカスタムすることも可能です。

仕切りのついた収納袋

仕切りのついた収納袋

付属する収納袋には、テーブルを分解した際にテーブルの天板とフレームを別々に収納できるよう、仕切りがついています。

さらに片側にはベルクロがついているため、これを留めることで中身が飛び出さない工夫もされています。

そのため持ち運びしやすく、天板とフレームがぶつかって傷つかないため、大変便利です。

安定感のある脚キャップ

脚キャップ

テーブルの脚には、あらかじめゴム製のキャップがついています。

またこのキャップは先端が斜め形状に加工してあるため、安定感が抜群で、テーブルの傷や汚れ防止にも役立ちます。

もちろん取り外すこともできるため、家とキャンプとで使い分けることができます。

おすすめの人

  • ロースタイルで使いやすいテーブルがほしい!
  • おしゃれなウッドロールテーブルを使いたい!
  • コスパに優れたウッドテーブルを選びたい!


クラシックウッドロールテーブルのメリット

それでは、実際にクラシックウッドロールテーブルを使って感じたメリットをご紹介します。

クラシックウッドロールテーブルのメリット3つは、次の通りです。

メリット

  • メインテーブルとして使いやすいサイズ
  • 感組立式なので持ち運びがしやすい
  • おしゃれなウッドがサイトに映える

メインテーブルとして使いやすいサイズ感

大きな天板

W90×D60cmという天板の大きさは、ソロキャンプからファミリーキャンプまで幅広く活躍できる、使いやすいサイズ感です。

ソロやデュオならゆったりとスペースを使うことができ、また4人家族のファミリーでも食事をとるのに問題ないサイズになります。

そのため普段はファミリーキャンプに行くけど、たまにソロキャンプもするという人には、これひとつあれば十分です。

テーブルが大きくなるとその分かさ張って重たくなるため、W90×D60は持ち運びと使い勝手のバランスがとれた良いサイズ感だと言えます。

組立式なので持ち運びがしやすい

キャリーワゴンに載った荷物

天板とフレームを分解して収納する組立式なので、持ち運びがしやすいのも大きなメリットです。

脚を畳むだけの折りたたみ式も薄い板状になって一見コンパクトに見えますが、いざ車に荷物を積み込むときに意外とスペースをとったり、かさ張って持ち運ぶのが大変ということがよくあります。

一方で組立式は円筒状に収納できるため、車のデッドスペースに積んだり、担いで持ち運ぶことができます。

組み立ても簡単にできて手間もかからないため、大型のギアほど持ち運びがしやすい組立式であることは重要なポイントです。

おしゃれなウッドがサイトに映える

青空とサーカスTCDX

天板もフレームも明るい色合いの天然木を使ったテーブルであるため、おしゃれでキャンプサイトにとてもよく映えます。

テーブルは大型のギアであるため、テーブルの印象はキャンプサイト全体の印象に繋がります。

そこでウッドのテーブルがあると、温もりのある優しい印象となります。

アルミやアイアンのテーブルももちろんカッコよくて素敵ですが、私はこのウッドの雰囲気が好きで、ナチュラルなサイトを作りたい人にはおすすめです!

クラシックウッドロールテーブルのデメリット

使い勝手に優れたクラシックウッドロールテーブルですが、一方で実際に使って感じたデメリットもあるためご紹介します。

クラシックウッドロールテーブルのデメリット3つは、次の通りです。

デメリット

  • 細部の作りは値段相応
  • 軽くはないので持ち運びには苦労する
  • 組み立て後の移動には注意が必要

細部の作りは値段相応

テーブルの段差

ビジョンピークスのテーブルは、似たようなウッドロールテーブルの中でも特にコスパに優れた製品ですが、残念ながら細部の作りは値段相応となっています。

特に気になる点は、天板を設置した際に金具と干渉して、少しだけガタつくところです。がたつくと言ってもほんの数mmなので、使用上で特に大きな問題はありませんが、こういう細部まで丁寧に作られていたらもっと良かったのにと思ってしまいます。

ただそれ以外は大きな不満もないので、コスパに優れている点は変わりません!

軽くはないので持ち運びには苦労する

重たいテーブル

重量は約6.7kgと特別重たいわけではありませんが、それでも軽いわけでもないため、持ち運びには苦労するかもしれません。

特に小柄な女性だと、重量に加えて収納サイズも大きさがあるため、取り回しは大変かと思います。そのため持ち運びは率先して男性の方が行うようにしましょう。

もしくはより軽量なメインテーブルがほしい人は、「キャンプは軽量コンパクトが正義!メインで使えるテーブルの選び方とおすすめ6選」を参考にしてください。

おすすめ
メインテーブル サムネイル
キャンプは軽量コンパクトが正義!メインで使えるテーブルの選び方とおすすめ6選

続きを見る

組み立て後の移動には注意が必要

ダボに留めた天板

天板とフレームの固定には、天板の端にある穴に、フレームについている突起を差し込むことで行います。

そのため天板だけを持ってテーブルを運ぼうとすると、天板が外れてテーブルを落としてしまう危険性があります。

その対策として、組み立て後にテーブルを移動させる場合には、固定している突起部分を抑え込むようにして持ち運ぶ必要があります。

慣れれば何てことありませんが、使い初めのうちは気をつけてください。

まとめ

vision peaks ウッドロールテーブル

この記事では、キャンプサイトに映えるコスパ抜群の木製テーブル、ビジョンピークスのクラシックウッドロールテーブルをレビューしました。

クラシックウッドロールテーブルのスペックおよび特徴は、次の通りです。

  • 使用時:W90×D60×H45cm
  • 収納時:W90×D24×H11cm
  • 重量:約6.7kg
  • 耐荷重:約80kg
  • 材質:天然木(ブナ)、スチール

ポイント

  • ロゴのないシンプルなデザイン
  • 仕切りのついた収納袋
  • 安定感のある脚キャップ

また、実際に使って感じたメリットとデメリットは、次の通りです。

メリット

  • メインテーブルとして使いやすいサイズ
  • 感組立式なので持ち運びがしやすい
  • おしゃれなウッドがサイトに映える

デメリット

  • 細部の作りは値段相応
  • 軽くはないので持ち運びには苦労する
  • 組み立て後の移動には注意が必要

多少のデメリットはありますが、それでもコスパに優れている点は変わりません!

クラシックウッドロールテーブルはこんな人におすすめ!

おすすめの人

  • ロースタイルで使いやすいテーブルがほしい!
  • おしゃれなウッドロールテーブルを使いたい!
  • コスパに優れたウッドテーブルを選びたい!

コスパ抜群の木製テーブルを使って、おしゃれなキャンプサイトを作りましょう!

それでは良いキャンプライフを!


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

-ギアレビュー