ギアレビュー

ソロ・デュオキャンプのクッカー決定版!タクティカルライスクッカーが完璧すぎる

2021-05-08

ライスクッカー サムネイル

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

こんにちは!
ミニマルキャンパーのBLIAN(@blian_campiiiiing)です。

この記事では、ソロ・デュオキャンプのクッカーに強くおすすめしたい、tent-Mark DESIGNSのタクティカルライスクッカーをレビューします。

タクティカルライスクッカーはソロやデュオキャンプで使うのに完璧すぎるライスクッカーなんです!

この記事はこんな人におすすめ!

おすすめな人

  • キャンプのクッカー選びに迷っている...
  • 美味しいご飯が炊けるクッカーがほしい!
  • タクティカルライスクッカーの使い勝手を知りたい!

この記事では、次のことがわかります。

ポイント

  • タクティカルライスクッカーの魅力がわかる!
  • 実際に使って感じたメリットやデメリットがわかる!
  • タクティカルライスクッカーを使った美味しいご飯の炊き方がわかる!

キャンプで美味しいご飯が食べられることほど、幸せなことはありません!

そんな幸せに一歩近づく完璧なライスクッカーを、ぜひ試してみてください!

⇩この記事の動画はこちらからどうぞ!⇩

購入に至るまでの経緯

はじめに、tent-Mark DESIGNSのタクティカルライスクッカーの購入を検討したきっかけや購入を決意した理由、実際に使ってみた感想についてご紹介します。

購入を検討したきっかけ

フライパンと蓋

キャンプを始めて順調にギアが揃っていく中で、実はなかなか決められなかったのがライスクッカーでした。

基本的にはタークのフライパンで料理をするため、クッカーは手間なく簡単に、美味しいご飯が炊けることが必須条件でした。その上でちょっとしたお湯を沸かしたり、麺を茹でたりなど、フライパンでできないことをカバーできる万能性を求めていました。

しかしライスクッカーの多くはファミリーサイズで大きかったり、さらにはデザインがいまいち気に入らずで購入には至らず。

はてさてどうしたものかと頭を抱えていながらネットをさまよっていると、偶然飛び込んできたのが怪しく黒光りするクッカー、タクティカルライスクッカーでした。

購入を決意した理由

デザインのカッコいいタクティカルライスクッカー

ひと目見てタクティカルライスクッカーに対して感じたことが、とにかくデザインがカッコいい!ということでした。

マットなブラックで仕上げられた本体に、相反するように美しく輝くスレンレス製の蓋、さらには余計な装飾が一切ないシンプルなデザイン。

正直ライスクッカーにしたら値段はとても高いほうですが、しかしすべてのクッカーにフッ素加工が施されており、使い勝手が良いことは間違いなし。

”せっかくのキャンプ、美味しいご飯を食べたいよね”と自分を納得させて、意を決して購入することにしました。

実際に使ってみた感想

ライスクッカーを持ち上げる

とにかく手間なく簡単に美味しいご飯を炊くことができます。実に細部まで考え抜かれた設計により、炊飯の失敗が少なく、かつ美味しく仕上がるよう工夫されています。

タクティカルライスクッカーの信念である、”炊飯は失敗が許されず、戦略的(Tactical)に行うべし!”という想いがひしひしと伝わってきますね。

また炊飯だけでなく、汁物や炒め物、麺類を茹でるなど、これひとつあれば様々な調理に対応できます。

さらには他にないカッコいいデザインまで兼ね揃えていれば、もはや使わない手はないというほど大変気に入っています。

参考

その他検討した美味しいご飯の炊けるライスクッカーについては、下記の記事を参考にしてみてください。

炊きたての美味しいご飯を食べよう!キャンプで役立つライスクッカーの選び方とおすすめ8選

tent-Mark DESIGNS タクティカルライスクッカーについて

それでは、私が購入したtent-Mark DESIGNSのタクティカルライスクッカーについて、スペックや特徴について簡単にまとめます。

tent-Mark DESIGNSとは

tent-Mark DESIGNS HP

画像出典:tent-Mark DESIGNS

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)とは、斬新な発想で日本の気候やキャンプスタイルを考慮しこだわり抜いたアウトドアギアを開発し続けているアウトドアブランドです。

テンマクデザインの商品開発は「今のニーズを具現化するもの」、「これからのニーズを生み出すもの」をコンセプトにしており、この二つの開発コンセプトをバランスよく適正な価格で届けていくことを掲げています。

主にテント、タープ、シュラフ、焚き火用品、調理器具を取り扱っており、そのどれもが本当に便利で役立つもので、キャンプギアを揃えていく中でとてもお世話になるブランドです。

タクティカルライスクッカースペック

タクティカルライスクッカーのスペックは、次の通りです。

  • サイズ:約Φ16.4×12.2cm
  • 重量:約772g
  • 各サイズ/重量(約)
  • ー ライスクッカー:Φ16.4×10.7cm/350g
  • ー ライスクッカーフタ:Φ16.0×1.5cm
  • ー 小鍋:Φ15×6.8cm/214g
  • ー 小鍋フタ:Φ14.8×0.5cm
  • ー フライパン:Φ15.8×4.4cm/140g
  • ー ザル:Φ14×5cm/68g
  • 材質:アルミ(フッ素加工)

ライスクッカーの他に、小鍋とフライパン、ザルが付いてきます。そのため炊飯に加えて、小鍋で汁物を作ったり、フライパンで焼き物を作ったり、ザルを使えばパスタやそうめんなど、麺類の湯切りにも役立ちます。

またクッカーセットの最大の特徴は、クッカー全てにフッ素加工が施されていることです。そのため調理をしても焦げつきにくく、また汚れも簡単に落とすことができるので、後片付けも簡単です。

もういたれりつくせりの性能で、絶対に買って後悔はしません!

おすすめの人

  • キャンプでも美味しいご飯が食べたい!
  • クッカーひとつでどんな料理でも作れるようにしたい!
  • フッ素加工でキャンプでも使いやすいクッカーがほしい!


専用の収納ケースが保温もできて便利なので、合わせておすすめです!


タクティカルライスクッカーのメリット

それでは、実際にタクティカルライスクッカーを使って感じたメリットをご紹介します。

タクティカルライスクッカーのメリット3つは、次の通りです。

メリット

  • 手間なく簡単に美味しいご飯が炊ける
  • フッ素加工で焦げない・汚れをサッと落とせて便利
  • カッコいいデザインが所有欲を満たしてくれる

手間なく簡単に美味しいご飯が炊ける

ご飯の炊けたライスクッカー

手間なく簡単に美味しいご飯が炊ける点は、本当に素晴らしいの一言に尽きます。

実際にキャンプで使ってみても、あっと驚くほど簡単に、そしてふっくらと美味しいご飯を炊くことができました。

キャンプでご飯を炊く大きなハードルは火加減の調節だと思いますが、正直タクティカルライスクッカーには細かな火加減の調節は不要です!

極端な話20分ほど弱火で炊き、あとは10分ほど蒸らすだけでも、十二分に美味しいご飯が炊き上がります。

またライスクッカーの内側には水位だけでなくお米用の目盛りもついているため、事前準備の必要なくその場でサッと計量して炊飯することが可能です。

炊飯に対する徹底的してこだわり抜いた熱い想いが、ヒシヒシと伝わってくるライスクッカーです!

フッ素加工で焦げない・汚れをサッと落とせて便利

フッ素加工のフライパン

フッ素加工は家庭用のフライパンでも多く採用されており、その便利さはご存知と思いますが、キャンプで使うクッカーに活かすとその効果は絶大です。

多くのクッカーは無加工なので、料理の際に焦げ付いたり、その焦げや汚れを落とすことに苦労することはよくあります。

しかしフッ素加工の鍋であれば、油を敷かなくても焦げつかず、軽く水でゆすぐだけで汚れが落ちていきます。

後片付けという面倒な時間が減ると、その分好きなことややりたいことに時間を使えます。

機能としても当然便利ですが、その結果生まれる豊かな時間も考えると、本当に良いクッカーだと思います。

かっこいいデザインが所有欲を満たしてくれる

夕日を浴びるタクティカルライスクッカーセット

タクティカルライスクカーの性能の良さと同じくらいに、この秀逸なデザインが気に入っています。

マットブラックに塗装された個性的な見た目、眩い輝きを放つ高級感のある蓋、無駄のないスタイリッシュなデザイン。見ているだけで惚れ惚れします。

性能が高いことは重要ですが、だからといってデザインが気に入らなければ、本当に満足することはできません。

その点タクティカルライスクッカーは、ひと目で見事に私のハートを打ち抜きました。

持っているだけでワクワクできるようなギアは、キャンプを楽しむためには大切な要素だと思っています。

タクティカルライスクッカーのデメリット

ここまでべた褒めしているタクティカルライスクッカーですが、一方で実際に使って感じたデメリットもありますので、ご紹介します。

タクティカルライスクッカーのデメリット3つは、次の通りです。

デメリット

  • フッ素加工に傷がつかないよう取り扱いに注意が必要
  • ライスクッカーにはハンドルがないので鍋には不向き
  • ご飯の炊き方に関する説明書きが一切ない

フッ素加工に傷がつかないよう取り扱いに注意が必要

取り扱いに注意が必要な鍋

フッ素加工は高熱と摩耗に弱いため、取り扱いには少々気をつける必要があります。

例えば空焚きをしたり強火で熱し続けたり、あるいは金属製のスプーンで擦ったり金たわしで洗ったりなどは、フッ素加工の寿命が短くなるため厳禁です。

そのため永く使いたいのであれば、不用意に加熱しない、カトラリーは木製やプラスチック製のものを使う、優しく洗うなど、いくつか気をつけた方が良いでしょう。

しかしキャンプギアは丈夫なものが多く、雑に扱って汚れても、それを味として楽しむのも醍醐味かと思います。

そういう意味ではフッ素加工も消耗品だと割りきって、焚き火にガンガン放り込んで育てるのも選択肢としてありかもしれません。

ライスクッカーにはハンドルがないので鍋には不向き

ハンドルのない鍋

ライスクッカーにハンドルがないため、鍋としては使いづらい点が少し残念です。

例えばお湯を沸かしたり湯切りしたいときにはクッカーを斜めにしますが、ハンドルがないためお湯を注ぐのは大変困難です。

そのため対応策としては、片手に革手袋をはめてクッカーの底を持ち上げるしかありません。

ただ小鍋にはハンドルがあるので、そちらで対応できる範囲であればそれほど問題はないとも感じます。

ご飯の炊き方に関する説明書きが一切ない

タクティカルライスクッカーセット

実はタクティカルライスクッカーにはご飯の炊き方に関する説明書きが一切ありません!

もちろんお米の種類や炊く量によって変わるかと思いますが、“何か目安があってもいいじゃないか!"というのが正直な感想です。

ネットでもレビュー記事が少ないことも相まって、ご飯の炊き方については何かしらの情報は必要だと考えます。

そのため、この後私が実験してまとめた、美味しいご飯の炊き方をご紹介します。

美味しいご飯の炊き方

最後に、タクティカルライスクッカーを使った簡単で美味しいご飯の炊き方についてご紹介します。

美味しいご飯の炊き方は、次の手順の通りです。

炊き方

  • お米は一時間以上水に浸しておく
  • ライスクッカーの目盛りに合わせてお米と水を入れる
  • はじめは中火で加熱する
  • 点火後約7分で沸騰してチリチリと音が鳴り泡が出てくる
  • 点火後約15分してチリチリとした音が収まってきたら弱火にする
  • 点火後約25分して音が止んだら火からおろす
  • 収納ケースに移して約10分蒸らす
  • 蒸らしを終えたら完成

1.お米は一時間以上水に浸しておく

美味しいご飯の炊き方1

お米は予め一時間以上水に浸しておきましょう。しっかりと水に浸すことで、お米の芯が残ることなく、ふっくらと炊き上がります。

2.ライスクッカーの目盛りに合わせてお米と水を入れる

美味しいご飯の炊き方2

ライスクッカーの目盛りに合わせてお米と水を入れましょう。ライスクッカーには1~3合まで、お米と水の目盛りがあるため、予め軽量する必要はありません。

3.はじめは中火で加熱する

美味しいご飯の炊き方3

はじめは中火で加熱しましょう。シングルバーナーのFUSIONであればこんな感じ。日中の明るい時間だと炎が目視できないので、炎の音で判断しましょう。

4.点火後約7分で沸騰してチリチリと音が鳴り泡が出てくる

美味しいご飯の炊き方4

点火後約7分で沸騰してチリチリと音が鳴り、泡が出てきます。湯気が立ち上り、だんだん香ばしい匂いがしてきます。炊き上がりが楽しみですね。

5.点火後約15分してチリチリとした音が収まってきたら弱火にする

美味しいご飯の炊き方5

点火後約15分して、チリチリとした音が収まってきたら弱火にします。火加減は、炎が風に揺られる程度の強さです。お米がしっかりと水を吸っているので、ここからは蒸し煮をして、柔らかく甘みのあるご飯になるよう高温状態を維持します。

6.点火後約25分して音が止んだら火からおろす

美味しいご飯の炊き方6

点火後約25分して音が止んだら、火からおろしましょう。ここでさらに火にかける時間を長くすると、美味しいおこげが出来上がります。お好みに合わせて時間を調整してください。

7.収納ケースに移して約10分蒸らす

美味しいご飯の炊き方7

収納ケースに移して、約10分蒸らしましょう。余熱でお米の中まで火を通しつつ、余分な水分を飛ばすことで、ふっくらとしたご飯ができます。

8.蒸らしを終えたら完成

美味しいご飯の炊き方8

蒸らしを終えたら完成です!つやのある美味しそうなご飯が炊き上がりました。

炊きあがったご飯

約40分ほどで、美味しいご飯を炊くことができました。あとは器に移して、ふっくらと甘みのあるご飯を味わってください!

まとめ

真っ黒に光るタクティカルライスクッカー

この記事では、ソロキャンプやデュオキャンプのクッカーに強くおすすめしたい、tent-Mark DESIGNSのタクティカルライスクッカーをレビューしました。

タクティカルライスクッカーのスペックは、次の通りです。

  • サイズ:約Φ16.4×12.2cm
  • 重量:約772g
  • 各サイズ/重量(約)
  • ー ライスクッカー:Φ16.4×10.7cm/350g
  • ー ライスクッカーフタ:Φ16.0×1.5cm
  • ー 小鍋:Φ15×6.8cm/214g
  • ー 小鍋フタ:Φ14.8×0.5cm
  • ー フライパン:Φ15.8×4.4cm/140g
  • ー ザル:Φ14×5cm/68g
  • 材質:アルミ(フッ素加工)

また、実際にタクティカルライスクッカーを使って感じたメリットとデメリットは、次の通りです。

メリット

  • 手間なく簡単に美味しいご飯が炊ける
  • フッ素加工で焦げない・汚れをサッと落とせて便利
  • カッコいいデザインが所有欲を満たしてくれる

デメリット

  • フッ素加工に傷がつかないよう取り扱いに注意が必要
  • ライスクッカーにはハンドルがないので鍋には不向き
  • ご飯の炊き方に関する説明書きが一切ない

また、 タクティカルライスクッカーを使った簡単で美味しいご飯の炊き方は、次の通りです。

炊き方

  • お米は予め一時間以上水に浸しておく
  • ライスクッカーの目盛りに合わせてお米と水を入れる
  • はじめは中火で加熱する
  • 点火後約7分で沸騰してチリチリと音が鳴り泡が出てくる
  • 点火後約15分してチリチリとした音が収まってきたら弱火にする
  • 点火後約25分して音が止んだら火からおろす
  • 収納ケースに移して約10分蒸らす
  • 蒸らしを終えたら完成

タクティカルライスクッカーはこんな人におすすめ!

おすすめの人

  • キャンプでも美味しいご飯が食べたい!
  • クッカーひとつでどんな料理でも作れるようにしたい!
  • フッ素加工でキャンプでも使いやすいクッカーがほしい!

キャンプで美味しいご飯が食べられることほど、幸せなことはありません!

そんな幸せに一歩近づく完璧なライスクッカーを、ぜひ試してみてください!

それでは良いキャンプライフを!



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

-ギアレビュー