ギアレビュー

子供や女性もぴったりサイズ!KINCOキンコグローブ50はコスパ最強のレザーグローブ

2021-11-07

グローブ サムネイル

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

こんにちは!
ミニマルキャンパーのBLIAN(@blian_campiiiiing)です。

この記事では、女性や子供にもおすすめのコスパ最強レザーグローブ、KINCOのキンコグローブ50をレビューします。

サイズ展開が豊富なので家族やパートナーとそろえたくなるグローブです!

この記事はこんな人におすすめ!

おすすめな人

  • 女性や子供にも合うグローブを探している!
  • コスパに優れたレザーグローブがほしい!
  • キンコグローブ50の使い勝手を教えて!

この記事では、次のことがわかります。

ポイント

  • キンコグローブ50の魅力がわかる!
  • 手にぴったりと合うサイズ選びがわかる!
  • 実際に使って感じたメリットやデメリットがわかる!

コスパ最強のレザーグローブを手に入れて、焚き火に料理にとガンガン使い込んでいきましょう!

購入に至るまでの経緯

はじめに、KINCOのキンコグローブ50の購入を検討したきっかけや購入を決意した理由、実際に使ってみた感想についてご紹介します。

購入を検討したきっかけ

熱いものも持てるキンコグローブ

キャンプではペグ打ちをするときや焚き火をいじるときなど、何かと手を保護する必要があるシーンが多いです。

そのため、キャンプを始めた当初は手の保護のために軍手を使っていました。

しかし軍手ではちょっとした手の保護はできても、薪のささくれが刺さって痛い、熱いものが持てない、カッコよくないという理由から、ちゃんとしたキャンプ用のグローブを探すことにしました。

購入を決意した理由

ソマチェアに置かれたグローブ

キャンプ用のグローブは、主にレザーもしくはアラミド繊維のどちらかの素材で作られていることがほとんどです。

レザーは耐久性や柔軟性に優れ、独特の風合いや質感、手触りを感じられます。また使い込むごとに徐々に手に馴染み、味が出てきます。

一方でアラミド繊維は防刃性や耐熱性に優れ、加えて軽量で耐久性が高いなど、グローブに最適な素材です。

このあたりは使い方と好みの問題ですが、私はレザーギアが大好きであるためレザーグローブを、さらにグローブの評価がとても高く、コスパに優れたキンコグローブ50を選ぶことにしました。

参考

その他キャンプにおすすめのグローブについては、下記の記事を参考にしてみてください。

設営や薪割りと大活躍!キャンプで使えるおしゃれなグローブの選び方とおすすめ5選

実際に使ってみた感想

ペグを打つ図1

評判通り、コスパに優れた素晴らしいレザーグローブでした!

しっかりと手を保護する適度な厚みのある革に、指を動かしやすい立体裁断、さらにはサイトに映える鮮やかなイエローカラー。とても2,000円以内で購入できるグローブとは思えません!

実際に薪割りやブッシュクラフトをしていても手をケガするはなく、また熱くなりがちなフライパンやコーヒーポッドのハンドルも問題なく掴むことができるようになりました。今やキャンプには必需品です。

KINCOキンコグローブ50について

それでは、私が購入したKINCOのキンコグローブ50について、スペックや特徴について簡単にまとめます。

KINCOとは

KINCO Logo
画像出典:Tsuda Shokai

KINCOとは、自然が豊かで農林業が盛んなアメリカ、オレゴン州ポートランドに創業されたワークグローブ専門メーカーです。

溶接やDIY、アウトドアといったあらゆるシーンに合った機能性とフィット感に優れたワークグローブを展開しています。

キャンプにおいてもブランドの名を冠したキンコグローブは使い勝手とコスパに優れていることで有名で、多くのキャンパーが愛用しています。

手に合ったサイズの選び方

手囲いサイズ

キンコグローブはXXS、XS、S、M、Lと、サイズ展開が豊富です。そのため女性や子供でも、ぴったりのサイズを選ぶことができます。

サイズ選びには、"手囲い"というサイズの他、中指の長さや手のひらの幅を使います。手囲いの測り方は、上の写真のように親指を外した手のひらの周りの長さになります。

またKINCOのサイズ目安表は、次の通りです。

全長中指の長さ手囲いサイズ手のひら幅
(平置採寸)
参考
L約25cm約9.5cm22.8~25.4cm約12.5cm手の大きな男性
M約24cm約9cm20.3~22.8cm約12cm一般的な男性
手の大きな女性
S約23cm約8.5cm17.8~20.3cm約11cm手の小さな男性
一般的な女性
XS約20cm約8cm15.2~17.8cm約9.5cm手の小さな女性
子供(7~12歳)
XXS約16.5cm約6cm12.7~15.2cm約8cm子供(3~6歳)

私はこの目安表の通り、Mサイズでぴったりでした。

自分の手囲いのサイズと、サイズ目安表を参考に、ぴったりのサイズを選んでください。

ポイント

  • 子供や女性にもぴったりと合うグローブがほしい!
  • 気持ち良くガシガシ使えるグローブを選びたい!
  • コスパ最強のレザーグローブを使いたい!


キンコグローブ50のメリット

それでは、実際にキンコグローブ50を使って感じたメリットをご紹介します。

キンコグローブ50のメリット3つは、次の通りです。

メリット

  • 立体裁断で手にフィットする
  • 丈夫な作りで手を保護してくれる
  • コスパ抜群でガシガシ使える

立体裁断で手にフィットする

手にフィットするキンコグローブ

キンコグローブ50は随所に立体裁断が施されているため、とても手にフィットします。

そのためグローブを着けていても圧迫感が少なく、長時間着けていても違和感がありません。

また立体裁断のおかげで指先が動かしやすいため、ロープワークや小さなギアの操作など細かな作業にも優れています。

そのため焚き火やブッシュクラフトにはぴったりのレザーグローブといえます。

丈夫な作りで手を保護してくれる

手を保護するキンコグローブ

牛の本革スウェードで作られたグローブは丈夫な作りで、しっかりと手を保護してくれます。

そのため木のささくれが気になる薪運びや薪割りのときや、熱くなったフライパンやコーヒーポッドのハンドルを持つときなど、様々な場面で重宝しています。

またこのようにハードな場面での使用が多いのですが、穴が開いたり破けたりする様子はありません。

そのため永く使っていくことができると思います。

コスパ抜群でガシガシ使える

芝生の上のグローブ

このように非常に使い勝手の良いキンコグローブ50ですが、なんと2,000円を切るコスパ抜群のグローブです!

そのため汚れたり痛んだりといったことをあまり気にせず、ガシガシと使い込むことができます。

むしろ少しくらい黒く汚れていた方が、使用感があり愛着も沸きます 笑

高級なグローブだと少しでも汚れることに抵抗感がありますが、コスパ抜群なグローブなら気持ちよく使い込むことができるでしょう。

キンコグローブ50のデメリット

一方で、実際に使って感じたデメリットもあるためご紹介します。

キンコグローブ50のデメリット3つは、次の通りです。

デメリット

  • 作りの荒らさは目立つ
  • 耐熱性はそれほど高くない
  • 寒い時期は革がこわばって着けづらい

作りの荒らさは目立つ

縫製が荒いキンコグローブ

すでにコスパ抜群のグローブにここまで求めるのも酷ですが、やはり細かい縫製などの作りの荒らさは目立ちます。

特に右と左のグローブで革質が異なることは、わりと多いようです。
(私のは幸いにもそれほど気になりませんでした)

そのためレザーグローブ自体に作りの美しさを求める人には、物足りない点かもしれません。

逆にそういったことを気にしない人であれば、本当におすすめできます!

耐熱性はそれほど高くない

熱いものも持てるキンコグローブ

先ほど、熱くなったフライパンやコーヒーポッドのハンドルを持つことができるとご紹介しましたが、実は耐熱性はそれほど高くありません。

そもそもキンコグローブ50は、耐熱グローブではありません。

そのため焚き火の薪いじりや、調理中に鉄板を持つなどの使い方をするのであれば、きちんとした耐熱グローブを買うことをおすすめします。

しかしちょっと熱いものを扱う程度であれば、キンコグローブ50でも十分に可能です。

寒い時期は革がこわばって着けづらい

こわばったグローブ

グローブの革の質の問題かもしれませんが、寒い時期になると革がこわばり、手に着けづらくなります。

そういうときは大抵手も冷えきっているため、グローブに手を入れるのが少し痛いです。

そのため特に冬キャンプを中心にする人には、少し不便に感じる点かもしれません。

この対策として、私は寒い時期はグローブをポケットに入れて暖めておくことで対応しています。

まとめ

KINCOレザーグローブ

この記事では、女性や子供にもおすすめのコスパ最強レザーグローブ、KINCOのキンコグローブ50をレビューしました。

自分の手にぴったりと合うキンコグローブ50のサイズの選び方は、次の通りです。

全長中指の長さ手囲いサイズ手のひら幅
(平置採寸)
参考
L約25cm約9.5cm22.8~25.4cm約12.5cm手の大きな男性
M約24cm約9cm20.3~22.8cm約12cm一般的な男性
手の大きな女性
S約23cm約8.5cm17.8~20.3cm約11cm手の小さな男性
一般的な女性
XS約20cm約8cm15.2~17.8cm約9.5cm手の小さな女性
子供(7~12歳)
XXS約16.5cm約6cm12.7~15.2cm約8cm子供(3~6歳)

また、実際にキンコグローブ50を使って感じたメリットとデメリットは、次の通りです。

メリット

  • 立体裁断で手にフィットする
  • 丈夫な作りで手を保護してくれる
  • コスパ抜群でガシガシ使える

デメリット

  • 作りの荒らさは目立つ
  • 耐熱性はそれほど高くない
  • 寒い時期は革がこわばって着けづらい

キンコグローブ50はこんな人におすすめ!

おすすめの人

  • 子供や女性にもぴったりと合うグローブがほしい!
  • 気持ち良くガシガシ使えるグローブを選びたい!
  • コスパ最強のレザーグローブを使いたい!

コスパ最強のレザーグローブを手に入れて、焚き火に料理にとガンガン使い込んでいきましょう!

それでは良いキャンプライフを!


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

-ギアレビュー