DIY & カスタム

NATURA小型オイルランタンの鏡面磨きに挑戦!ピカールを使った簡単お手入れ方法を解説

2022-07-20

鏡面磨き サムネイル

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

こんにちは!
ミニマルキャンパーのBLIAN(@blian_campiiiiing)です。

この記事では、ピカールを使ったNATURAの小型オイルランタンの鏡面磨きを行うお手入れ方法についてご紹介します。

高級感あふれるピカピカのランタンの姿はたまりません...!

この記事はこんな人におすすめ!

おすすめな人

  • 汚れたランタンのお手入れ方法を学びたい!
  • ピカールで磨いたらどうなるのか知りたい!
  • 鏡面磨きの出来栄えを教えて!

この記事では、次のことがわかります。

ポイント

  • ランタンを磨くために準備するものがわかる!
  • ランタンを磨く手順がわかる!
  • 鏡面磨きで仕上げたランタンの姿がわかる!

くすんで年季の入ったランタンもカッコいいですが、新品以上に輝いているピカピカのランタンも素敵です。

自分好みのランタンに育てて、キャンプサイトを美しく照らしましょう!

現在の状態

まずは、磨く前のランタンの姿をご覧ください。

汚れたランタン

新品で購入してから5回ほどキャンプで使用した程度ですが、さすがに屋外で使っているだけあって、新品のときより全体的にくすんで見えます。

汚れたランタン5

またベンチレーターの上部の金属部分は、土埃が付いているのか、黄土色に変化してしまっています。

汚れたランタン2

ランタンシェードも夜露の影響か、水垢のような跡がついていました。

汚れたランタン3

ランタンのオイルにはススの出にくいパラフィンオイルを使用していますが、それでも薄っすらとホヤが曇ってしまっています。

汚れたランタン4

このまま使い込んでいくうち味のあるランタンになるかもしれませんが、まだまだピカピカの状態で使っていたいので、ピカールを使って鏡面磨きに挑戦していきます!

ランタン磨きの手順

それでは、オイルランタンを磨く手順について解説していきます。

準備するもの

はじめに、ランタンを磨くために準備するものをご紹介します。

準備するものは、次の通りです。

 ランタン磨きの準備物
  • ピカール
  • クロス(いらない布でOK)
  • ティッシュペーパー

通常のピカールは灯油臭ささが強いため、臭いが気になる人は臭いマイルドになったピカールネオがおすすめです。


今回はこのピカールネオを使ってNATURAの小型オイルランタンをピカピカに磨いていきます。

クロスの巻き方

ランタンを磨くときのクロスの巻き方についてもご紹介しておきます。

まずはこのように、人差し指が上、中指が下になるようにしてクロスを挟み込みます。

クロスの巻き方1

次に、人差し指を覆うようにしてクロスを手前に持ってきます。

クロスの巻き方2

そのままぐるっと一周させて、

クロスの巻き方3

中指と薬指の間にクロスを通せばばっちりです。

クロスの巻き方4

余ったクロスは解けないよう後ろで結んでおけばOKです。

こうすることで、人差し指と中指でしっかりと力を込めて、ランタンを磨くことができます。

それでは早速、ランタンを磨いていきましょう!

STEP1 ホヤの汚れを落とす

まずはじめに、ランタンのホヤの汚れを落としていきます。

オイルランタンは上部の金属部分を持ち上げると、ホヤが取り外せる仕組みになっています。

ホヤの手入れ1

ホヤを取り外したら、柔らかいティッシュで中についたススや土埃を吹いていきます。

ホヤの手入れ2

あまりにも汚れがひどいときには、ティッシュを軽く濡らして水拭きしましょう。

これだけでも随分ときれいになって、ホヤがクリアになりました。

ホヤの手入れ3

STEP2 ランタン本体を磨く

次に、お待ちかねのランタン本体を磨いていきます。

まずはランタン上部についた土埃を、ティッシュを使って拭き取っていきます。

ランタンを磨く様子1

ある程度拭き取れたらOKです。

次にピカールを使って、ランタン全体をまんべんなく磨いていきます。

ランタンを磨く様子2

一円玉の半分ほどの量のピカールをクロスに置いて、ひたすらランタンを磨きます。

ランタンを磨く様子5

ピカールで磨いた後は、クロスのきれいな部分を使って汚れを拭き取っていきます。

ランタンを磨く様子3

するとちょっと磨いただけで、クロスがあっという間に真っ黒になってしまいました。

ランタンを磨く様子4

これだけ汚れが取れるんですから、磨き終わった姿に期待が膨らみます。

ここからはコツなどはありません。ただ一心不乱に隅々までランタンを磨いていきます。

ランタンを磨く様子6

タンクやベンチレーターなど、手の届く範囲は全てくまなく磨きます。

ランタンを磨く様子7

右半分だけ磨いてみましたが、明らかに磨いていない左側より輝いています!

ランタンを磨く様子8

この調子で全体を磨いた後、念の為更にもう一度少量のピカールをクロスに塗って二度磨きをしました。

ランタンを磨く様子9

満足行くまで磨き終わったら、ホヤをもとに戻せば完成です!

ランタンを磨く様子10

STEP3 ランタンシェードを磨く

最後に、ランタンシェードも磨いておきましょう。

ランタンシェードには鉄板から切り出したときの金属の向きがあるため、その向きに沿ってピカールを塗ったクロスで磨いていきます。

シェードを磨く様子1

表面だけでなく、裏面も同様にして磨きます。

シェードを磨く様子2

軽く磨いただけで水垢などが落ち、美しい輝きが戻ってきました。

シェードを磨く様子3

これで端から端まで全てピカピカです!

手入れ後のオイルランタンの姿

それでは、磨き終わったオイルランタンの姿をご覧ください!

Before&After

磨いたランタン1
磨いたランタン2

いかがでしょうか!?ピカールで磨く前と比べると、圧倒的に美しく輝いています!

あまりにもよく輝くので、このようにピースもばっちり映ります 笑

ピースが反射するランタン

まさしく鏡面に仕上がり、我ながら大満足の出来です!

はじめは純白だったクロスも、見る影がないほど真っ黒になっていました 笑

汚れたクロス

お気に入りのレザーでプチカスタム

注文していたレザーセットがちょうど良いタイミングで到着したので、ピカピカのランタンに装着してみました。

Ajigomiレザーエプロン1

レザーはAjigomiさんのNATURAランタン専用タンクエプロンセット(オレンジ迷彩柄)です。

Ajigomiレザーエプロン2

私のわがままで、ダメ元でできるだけオレンジ色が多いレザーをお願いしたら、なんとご丁寧にエプロン部分にオレンジ色が多いレザーを見繕って下さいました!

Ajigomiレザーエプロン3

おかげで私好みの男前なランタンに仕上がって、文句のつけようがない最高なランタンが完成しました!

まとめ

鏡面に輝くNatureランタン

この記事では、ピカールを使ったNATURAの小型オイルランタンの鏡面磨きを行うお手入れ方法についてご紹介しました。

ランタン磨きの手順は、次の通りです。

手順

  • STEP1 ホヤの汚れを落とす
  • STEP2 ランタン本体を磨く
  • STEP3 ランタンシェードを磨く

また、鏡面磨きに仕上がったランタンのBefore&Afterは、次の写真の通りです。

磨いたランタン1
磨いたランタン2

くすんで年季の入ったランタンもカッコいいですが、新品以上に輝いているピカピカのランタンも素敵です。

自分好みのランタンに育てて、キャンプサイトを美しく照らしましょう!

それでは良いキャンプライフを!


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

-DIY & カスタム