ギアレビュー

ロッキングフットと枕で極上の座り心地へ!Helinoxタクティカルチェアツーを徹底レビュー

2022-07-10

チェアツー サムネイル

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

こんにちは!
ミニマルキャンパーのBLIAN(@blian_campiiiiing)です。

この記事では、ロッキングフットと枕を組み合わせることで極上の座り心地を味わえる、Helinoxのタクティカルチェアツーを徹底レビューします。

一度このチェアの快適さを味わったらもう他のチェアには戻れません...!

この記事はこんな人におすすめ!

おすすめな人

  • 快適に過ごせるキャンプ用のチェアがほしい!
  • ハイバックでリラックスした時間を過ごしたい!
  • タクティカルチェアツーの使い勝手を教えて!

この記事では、次のことがわかります。

ポイント

  • タクティカルチェアツーの魅力がわかる!
  • 実際に使って感じたメリット・デメリットがわかる!
  • タクティカルチェアツーがおすすめの人がわかる!

多くの時間をチェアに座って過ごすキャンプだからこそ、極上のチェアで優雅なひとときを過ごしましょう!

購入に至るまでの経緯

はじめに、Helinoxのタクティカルチェアツーの購入を検討したきっかけや購入を決意した理由、実際に使ってみた感想についてご紹介します。

購入を検討したきっかけ

青い芝生とテントとチェア

もともとキャンプには、軽量コンパクトな点を気に入ってHelinoxのチェアワンを愛用していました。

もちろんそれはそれで大変気に入っていたのですが、キャンプサイトの雰囲気を変えていく中でだんだんとブルータイガーカモ柄とホワイトの色合いがサイトから浮いてくるように感じてしまい、買い替えを検討することにしました。

ただ買い替えるにしてもチェアワン以上にコンパクトでミニマルなキャンプに向いているチェアは見つからず、だからといってチェアワンの別カラーに変更するだけじゃいまいち味気ないなと、しばらく悩んでいました。

購入を決意した理由

Helinox タクティカルチェアツー

そこで同じHelinoxであっても、ハイバックでリラックスができるチェアツーを検討することにしました。

チェアツーであればチェアワンとそれほど変わらないコンパクトさを維持しながら、全身を預けて今まで以上に快適に過ごせそうだと思ったからです。

またカラーはキャンプサイトに馴染むカラーリングであるタクティカルサプライから、定番のコヨーテカラーを選ぶことにしました。

実際に使ってみた感想

キャンプの風景

使ってみるまでは、正直チェアワンとそれほど大きな違いはないだろうと思っていましたが、実際に使ってみてからはもう手放せないほどに気に入りました!

その魅力はなんと言っても首まで支えてくれるハイバックで、おかげで全身をしっかりとチェアに預けることができ、極限までリラックスすることができます。

キャンプ場では多くの時間をチェアに座って過ごすことを考えると、チェアの快適さはキャンプの快適さに直結します。

また今回コヨーテカラーを選択したことで、他のギアとの色馴染みがよく、すっきりと統一感のあるサイトを作ることができたため、ますますキャンプが楽しくなりました。

Helinoxタクティカルチェアツーについて

それでは、私が購入したHelinoxのタクティカルチェアツーについて、スペックや特徴について簡単にまとめます。

Helinoxとは

Helinox Logo
画像出典:Helinox

Helinox(ヘリノックス)とは、HILLEBERG社をはじめとする世界のトップアウトドアブランドにテント用のポールやパーツを提供している軽量アルミテントポールのトップメーカーであるDAC社が立ち上げた世界的なファニチャーブランドです。

Helinoxでは高強度、軽さ、驚異的な携帯性を兼ね備えた革新的なチェア等の製品をデザインしており、どこへでも持ち運びができる軽量さと一日中使用できる快適さを合わせ兼ね備えた優れたギアを販売しています。

実際にチェアツー以外にも、軽量コンパクトなコットワンやテーブルワンなど、様々な画期的な製品を次々と世に送り出しています。

タクティカルチェアツーのスペック

おしゃれなカラーのチェア

タクティカルチェアツーのスペックは、次の通りです。

  • 使用時:W55×D65×H84cm
  • 収納時:Φ15×L46cm
  • 耐荷重:145kg
  • 重量:1,280g
  • 材質:アルミニウム合金、ポリエステル

収納サイズはφ15×L46cmとコンパクトで、重量は約1.28kgと、非常に収納性に優れています。

しかしながら耐荷重は約145kgとなっており、体格の良い人はもちろん、子供を抱いての使用も可能でしょう。

座面の高さも34cmとロースタイルで過ごすのにちょうど良い高さとなっているため、どんなキャンパーにも合うベストチョイスなキャンプチェアです!

タクティカルチェアツーの特徴

それでは、タクティカルチェアツーの特徴をご紹介します。

特徴3つは、次の通りです。

ポイント

  • 全身を預けられるハイバック
  • 軽量コンパクトな収納性
  • キャンプに似合うカラーリング

全身を預けられるハイバック

ハイバックチェア

チェアツーの特徴を語る上で絶対に外せないのが、全身をしっかりと預けられるハイバックの座面です。

身長175cmの私で首と後頭部の中間くらい、小柄な女性であれば後頭部をしっかりと支えるほどの大きさがあるため、平均的な体格の人であれば問題なく身体を預けることができます。

また座面のトップには硬いスポンジのような芯が入っているため、頭がしっかりと支えてくれ、持ち運ぶときにもここを掴んで移動させることが可能です。

Helinoxらしい硬めでパリッとした生地は、夏場でもベタつくことなく、快適に過ごすことができそうです。

軽量コンパクトな収納性

軽量コンパクトなチェアツー

Helinoxの製品で共通するのが、驚くほど軽量コンパクトな収納性を有していることで、これはハイバック仕様のチェアツーであっても同様です。

使用時には全身をしっかりと預けられるサイズであるにも関わらず、収納時にはφ15×L46cmと非常にコンパクトになります。

チェアは人数分そろえると想像以上にかさ張るギアのひとつであるため、それがコンパクトに収納できることはオートキャンパーであっても大いにありがたいポイントです。

もちろん自宅で保管するときにおいてもコンパクトであるに越したことはないことは、異論はないでしょう。

キャンプに似合うカラーリング

アウトドアに似合うチェアツー

タクティカルサプライの大きな特徴として、キャンプシーンに似合うカラーリングを展開していることが挙げられます。

タクティカルサプライは、モールシステムやベルクロを備えた機能性と、コヨーテやオリーブなどのミリタリーテイストなカラーなど、よりキャンプを楽しめる工夫が満載です。

例えば、両サイドにはカーゴポケットが付いているため、スマホや小型のバーナーなど、ちょっとした小物をしまっておくことができます。

またコヨーテやオリーブといったカラーは多くのキャンプギアとの相性が良く、どんなサイトにも合わせることができ、簡単に統一感を出すことができます。

おすすめの人

  • ハイバックでリラックスできるチェアがほしい!
  • 軽量コンパクトで持ち運びに優れたチェアを使いたい!
  • キャンプサイトにカッコよく似合うチェアを選びたい!


タクティカルチェアツーのメリット

それでは、実際にタクティカルチェアツーを使って感じたメリットをご紹介します。

メリット3つは、次の通りです。

メリット

  • 首までしっかり支えてリラックスできる
  • ロースタイルにもぴったりなサイズ感
  • ミリタリーカラーでサイトの統一感が出る

首までしっかり支えてリラックスできる

リラックスできるチェア

タクティカルチェアツーを使ってみて感じた一番のメリットは、首までしっかり支えてくれるハイバックのおかげで、リラックスして過ごせることです!

今まで使っていたチェアワンでは、背中の半分程度しか背もたれがなかったため、どうしてもリラックスするのに頭が重たく感じていました。

しかしハイバックのおかげで頭を預けて座ることができるため、全身脱力してリラックスすることができます。

おかげで焚き火をのんびりと眺めるときや星を見上げるときなど、より快適に過ごすことができるようになり、キャンプの楽しさが格段にアップしました。

ロースタイルにもぴったりなサイズ感

ロースタイルのチェア

チェアツーの魅力のひとつが、ハイバックでありながら、チェアワンと同じ座面高が34cmのロースタイルで使えるチェアであることです。

Helinoxには別にハイバックのチェアとしてサンセットチェアがありますが、こちらは座面高が46cmとハイスタイル向きのチェアとなっています。

しかしハイスタイルになると、テーブルやラックの高さなどもハイスタイルに合わせることで全体的にサイズアップすることとなり、荷物がかさ張る原因にもなります。

そのため、ロースタイルでありながらリラックスして過ごせるハイバックのチェアであるチェアツーは、軽量コンパクトでありながら快適性をも兼ね備えたバランスのとれたチェアとなります。

ミリタリーカラーでサイトの統一感が出る

ギリアのサイトレイアウト

ミリタリーラインであるタクティカルサプライは、アースカラーの多いキャンプギアとの相性が抜群です。

私はコヨーテカラーのチェアツーを使っていますが、ブラウンのワンポールテント、ベージュのツールームテント、オリーブのA型テントなど、どんなカラーのテントであっても自然と馴染んで統一感が出ます。

キャンプにハマると色々なテントを試してみたくなりますが、だからといったチェアなどの他のギアまでテントに合わせて頻繁に買い替えることは難しいことです。

その点、タクティカルチェアツーならどんなテントとも合わせることができるため、季節や好みに合わせてテントを使い分けながら、チェアはお気に入りの一脚を使い続けても様になることは大変嬉しいポイントです。

タクティカルチェアツーのデメリット

このようにタクティカルチェアツーは非常に魅力的なチェアですが、一方で実際に使って感じたデメリットもあるため、ご紹介します。

デメリット2つは、次の通りです。

デメリット

  • チェアワンと比べるとかさ張る
  • 風に煽られやすい

チェアワンと比べるとかさ張る

チェアワンとチェアツー

いくらコンパクトであると言っても、やはりチェアワンと比べると収納サイズは結構大きく、持ち運ぶ際にはかさ張ります。

そもそもチェアワンは収納袋がタイトめに作られていますが、一方でチェアツーは大分余裕のある作りとなっています。そのため、見た目のサイズ感も随分と違いがあります。

チェアをコンテナの中などに収納して持ち運びたい人は、コンテナに収まるサイズ感であるか確認が必要でしょう。

ただし私の場合は、チェアを縦に差し込む形でコンテナに入れて蓋をせずに運搬をしているため、特に不便はありませんでした。

風に煽られやすい

風に煽られやすいチェアツー

軽量であるHelinoxだからこその宿命ですが、チェアツーはチェアワン以上に風に煽られやすいです。

ハイバックとなって風を受ける面積が大きくなっているにも関わらず、チェアワンとそれほど変わらない重量となっているため、ちょっと強い風が吹けばすぐに倒れてしまいます。

そのため焚き火など、火元の近くでチェアを使う際には、風に煽られてそのままダイブしないよう気をつけて使う必要があります。

ただしチェアツーの必須アイテムとも言えるロッキングフットを使うことで、多少の風ならいなして倒れることが減るためおすすめです。

合わせて使いたいベストアイテム2選

キャンプのチェアにチェアツーを使うのであれば、ぜひ合わせて使いたいベストアイテムがあるため、ご紹介します。

ベストアイテム2選は、次の通りです。

ベストアイテム

  • ロッキングフット
  • ヘッドレスト

ロッキングフット

チェアツーを使うのであれば、ロッキングフットは絶対におすすめです!

ロッキングフットを装着することによって、ゆらゆらとゆりかごのように揺らしながら座ることができるのですが、これがまたリラックスできて最高です。

チェアツーのハイバックに身を任せて景色を眺めながら揺れる様は、キャンプに来た喜びを噛み締められるほどです。

またロッキングフットによって、前かがみになって食事をしやすくなったり、後ろにもたれて星を眺めたりと、好きな姿勢を取りやすくなることもメリットです。さらには風に煽られても倒れることが減るため、まさに必須アイテムと言えます。

Helinoxの公式アクセサリーがベストですが高額なため、長野アウトドアスタイルのロッキングフットもおすすめです!(私はこちらを使っています)

ヘッドレスト

チェアツーを完璧なリラックスチェアに仕上げたいなら、ヘッドレスト(枕)がおすすめです!

チェアツーには頭の部分にベルクロが備わっているため、対応するヘッドレストを装着することで、頭をふんわりと支える最高のチェアが完成します。

先程のロッキングフットと組み合わせれば、もはや寝落ちするなというのが無茶と言えるほどに、リラックスした時間を過ごせることは間違いありません。

さらにヘッドレストは単体で寝るときの枕としても使えるため、キャンプ用の枕の購入を検討しているのであれば、買わない手はないでしょう。

ヘッドレストはエアだかで膨らませるものと、エア+フォームで膨らませるものと2種類あるため、どちらか好みの方を選ぶと良いでしょう。

まとめ

コヨーテのチェアツー

この記事では、ロッキングフットと枕を組み合わせることで極上の座り心地を味わえる、Helinoxのタクティカルチェアツーを徹底レビューしました。

タクティカルチェアツーのスペックおよび特徴は、次の通りです。

  • 使用時:W55×D65×H84cm
  • 収納時:Φ15×L46cm
  • 耐荷重:145kg
  • 重量:1,280g
  • 材質:アルミニウム合金、ポリエステル

ポイント

  • 全身を預けられるハイバック
  • 軽量コンパクトな収納性
  • キャンプに似合うカラーリング

また、実際に使って感じたメリットやデメリットは、次の通りです。

メリット

  • 首までしっかり支えてリラックスできる
  • ロースタイルにもぴったりなサイズ感
  • ミリタリーカラーでサイトの統一感が出る

デメリット

  • チェアワンと比べるとかさ張る
  • 風に煽られやすい

さらに、タクティカルチェアツーと合わせて使いたいベストアイテム2選は、次の通りです。

ベストアイテム

  • ロッキングフット
  • ヘッドレスト

タクティカルチェアツーはこんな人におすすめ!

おすすめの人

  • ハイバックでリラックスできるチェアがほしい!
  • 軽量コンパクトで持ち運びに優れたチェアを使いたい!
  • キャンプサイトにカッコよく似合うチェアを選びたい!

多くの時間をチェアに座って過ごすキャンプだからこそ、極上のチェアで優雅なひとときを過ごしましょう!

それでは良いキャンプライフを!


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

-ギアレビュー