ギアレビュー

ブッシュクラフト初心者の味方!モーラナイフ コンパニオンヘビーデューティが超おすすめ

2021-12-09

モーラナイフ サムネイル

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

こんにちは!
ミニマルキャンパーのBLIAN(@blian_campiiiiing)です。

この記事では、ブッシュクラフト初心者におすすめしたい、モーラナイフのコンパニオンヘビーデューティ(ステンレス)をレビューします。

モーラナイフはブッシュクラフトの楽しさを教えてくれる素晴らしいナイフです!

この記事はこんな人におすすめ!

おすすめな人

  • ブッシュクラフトにチャレンジしてみたい!
  • ブッシュクラフトに使えるナイフを探している!
  • 初心者にもおすすめのナイフを教えて!

この記事では、次のことがわかります。

ポイント

  • モーラナイフの魅力がわかる!
  • 実際に使って感じたメリットやデメリットがわかる!
  • モーラナイフがおすすめの人がわかる!

扱いやすいナイフを手に入れて、ブッシュクラフトデビューを果たしましょう!

購入に至るまでの経緯

はじめに、モーラナイフのコンパニオンヘビーデューティ(ステンレス)の購入を検討したきっかけや購入を決意した理由、実際に使ってみた感想についてご紹介します。

購入を検討したきっかけ

炎が燃え上がる焚き火台

キャンプでは必ずしも必要ではないものの、やはりあったら楽しいのがアウトドアナイフです。

アウトドアナイフがあると、薪を割って小割を作るバドニングや、小割から自然の着火剤を削り出すフェザーススティックを作ったりと、ブッシュクラフトを楽しむことができます。

ブッシュクラフトを楽しむためには半端なナイフではかえって危険となる場合があるため、そこでブッシュクラフトに使えるアウトドアナイフを探すことにしました。

購入を決意した理由

モーラナイフ ヘビーデューティーコンパニオン

初心者でも安心して扱うことのできるブッシュクラフトに使えるナイフの必須条件は、刃が分厚くて丈夫であることです

目安としては刃厚が3mm以上、刃の長さが10~12cm程度は必要で、加えてフルタング構造であるとよりベストです。

しかしながらそういった構造のナイフは非常に高価で、仮にそのような高価なナイフを購入しても、ブッシュクラフトにはまらなかったり使いこなせなければ宝の持ち腐れです。

そこでコスパに優れ、かつ口コミの評価が高い、モーラナイフのコンパニオンヘビーデューティ(ステンレス)を選ぶことにしました。

参考

その他にブッシュクラフトにおすすめのアウトドアナイフについては、下記の記事を参考にしてみてください。

バトニングにも挑戦!よりキャンプを楽しめるアウトドアナイフの選び方とおすすめ6選

実際に使ってみた感想

バトニング

初心者でも扱いやすく、切れ味の鋭い使い勝手は、大変満足できるものでした!

程よいサイズに手にしっかりと収まるグリップが、安心してナイフを使えるように貢献しています。

また鋭い切れ味のおかげでフェザースティック作りはもちろん、バトニングも難なくこなせる頼もしいナイフです。

このナイフを手に入れてからブッシュクラフトが楽しくなり、毎回のキャンプの楽しみのひとつになりました。

モーラナイフ コンパニオンヘビーデューティについて

それでは、私が購入したモーラナイフのコンパニオンヘビーデューティ(ステンレス)について、スペックや特徴について簡単にまとめます。

モーラナイフとは

MORAKNIV Logo
画像出典:MORKNIV

モーラナイフ(MORKNIV)とは、スウェーデン中部のモーラ地方で誕生した、130年の歴史を誇るナイフブランドです。

非常に高品質なナイフを取り扱っており、その品質はスウェーデンを代表する企業のみに与えられる王室御用達の認定を受けているほどです。

しかしながらそのような高品質でありながらも、一般に手に入りやすい価格のナイフも取り扱っており、多くのキャンパーが愛用しているナイフです。

モーラナイフの種類

モーラナイフにはハイエンドモデルであるガーバーグから、コンパクトで携行性に優れたエルドリスまで、様々なシリーズが展開されています。

その中でブッシュクラフトに使われることが多く、なおかつコスパに優れているコンパニオンシリーズには、次の4種類があります。

コンパニオンMGコンパニオンMG
(ステンレス)
ヘビーデューティMGヘビーデューティ
(ステンレス)
全長21.8cm21.9cm22.4cm22.4cm
刃体10.4cm10.4cm10.4cm10.4cm
刃厚2.0mm2.5mm3.2mm3.2mm
重量77g84g101g104g
素材カーボンステンレスカーボンステンレス

通常のコンパニオンの刃厚は、カーボン製で2mm、ステンレス製で2.5mmとナイフの素材で刃厚が異なります。一方でヘビーデューティはカーボン製・ステンレス製ともに刃厚は3.2mmとなっています。

初心者でも安心してブッシュクラフトを楽しむのであれば刃厚は3mm以上合ったほうがナイフが頑丈に作られているため、ヘビーデューティのいずれかを選ぶのがおすすめです。

ちなみにカーボン製は抜群の切れ味で刃を研ぐのも容易である一方で、サビやすいため、小まめなメンテナンスが必要です。対してステンレス製は丈夫でサビに強く、メンテナンスが簡単なことである一方で、切れ味はカーボンスチールに比べると劣ります。

このあたりは自分の使い方や考え方に従って、好みの方を選ぶのが良いでしょう。


コンパニオンヘビーデューティのスペック

パラコードでカスタムされたギア

コンパニオンヘビーデューティ(ステンレス)のスペックは、次の通りです。

  • サイズ:全長22.4cm、刃体10.4cm
  • 刃厚:3.2mm
  • 重量:約104g
  • 材質:ブレード/ステンレス、ハンドル/ラバー

全長は約22.4cm、そのうちブレードが10.4cmと、ブッシュクラフトに適したサイズとなっています。

また刃厚が3.2mmもあるため、丈夫で折れにくく、初心者でも扱いやすくなっています。

さらにステンレス製であればサビに強く、手入れも簡単です。

このようなナイフがお手頃な価格で手に入るため、ブッシュクラフト初心者にはぴったりのナイフです。

コンパニオンヘビーデューティの特徴

それでは、コンパニオンヘビーデューティの特徴をご紹介します。特徴3つは、次の通りです。

ポイント

  • 刃厚3.2mmの頑丈なブレード
  • 握りやすいラバーグリップ
  • 安全機能の付いたシース

刃厚3.2mmの頑丈なブレード

分厚いナイフ

コンパニオンヘビーデューティの刃厚は3.2mmとなっており、一般的なナイフの刃厚が2mm前後であることを考えると、非常に厚いことがわかります。

薪をナイフで割る"バトニング"をするならば、ブレードが薄いと曲がったり折れたりする恐れがあります。

その点、刃が3.2mmと厚みがあり丈夫なブレードのおかげで、初心者でも安心して扱うことができます。

握りやすいラバーグリップ

握りやすいグリップ

ナイフのハンドル部分には、手にしっかりとホールドするラバーグリップを採用しています。

これが非常にグリップ力が高く、握り込むと強い摩擦でズレることがありません。またグリップ自体も少し太めに作られているため、握りやすいのも特徴です。

手の小さな人から大きな人まで、多くの人が使いやすい工夫が施されています。

安全機能の付いたシース

シースのロック機能

ナイフの鞘に当たるシースには、不用意にナイフが飛び出さないよう安全機能が付いています。

具体的には、ナイフを奥まで差し込むと、カチッとはまって逆さにしても落ちないように工夫されています。そのため使うときにはシースをグッと押さないと、ナイフを取り出すことはできません。

運搬中や使っていないときに意図せずナイフが飛び出さないので、その点でも安心できますね。

おすすめの人

  • ナイフを使ったブッシュクラフトを始めてみたい!
  • 初心者でも扱いやすいナイフがほしい!
  • コスパに優れたナイフを使いたい!


コンパニオンヘビーデューティのメリット

それでは、実際にコンパニオンヘビーデューティを使って感じたメリットをご紹介します。

コンパニオンヘビーデューティのメリット3つは、次の通りです。

メリット

  • 切れ味抜群でブッシュクラフトが捗る
  • ステンレス製の刃のため手入れが簡単
  • コスパに優れてブッシュクラフトデビューに最適

切れ味抜群でブッシュクラフトが捗る

手を保護するキンコグローブ

コンパニオンヘビーデューティは買ったときから刃が鋭く研がれており、そのため切れ味抜群で、すぐにでもブッシュクラフトを楽しむことができます。

切れ味が鋭いとフェザースティックも簡単で、初心者でもフワッとしたフェザースティックを作りやすいです。

また鋭い切れ味に加えて分厚い刃のおかげで、バトニングもサクサクと捗ります。

とにかく扱いやすいため、初心者にもブッシュクラフトの楽しさを教えてくれる素晴らしいナイフです。

ステンレス製の刃のため手入れが簡単

ヘビーデューティーコンパニオン

コンパニオンヘビーデューティには刃の素材として、カーボンスチール製とステンレス製の二種類あります。

カーボンスチール製は抜群に切れ味が優れますが、サビやすく小まめな手入れが必要なため、初心者には不向きです。

一方で私が選んだステンレス製は、切れ味こそカーボンスチール製には劣るものの、全く不足なく使え、かつサビに強いため手入れも簡単です。

キャンプではナイフ以外にも手入れが必要なギアがたくさんあるため、手入れが簡単に済む点は大変助かります。

コスパに優れてブッシュクラフトデビューに最適

地面に刺さったナイフ

このように扱いやすく、手入れが簡単で、ブッシュクラフトを楽しめるナイフですが、なんと約3,000円で手に入ります!

非常にコスパに優れているため、ブッシュクラフトデビューをするには最適なナイフです。

もちろん使っているうちにより良い機能性を求めたり、あるいは気になるナイフが見つかってくるかもしれません。

そんなときにも初めてのナイフが手頃な価格であれば、後ろ髪引かれることなく次のステップに進むことができますね。

コンパニオンヘビーデューティのデメリット

初心者が使うのに非常に優れたナイフですが、一方で実際に使って感じたデメリットもあるためご紹介します。

コンパニオンヘビーデューティのデメリット2つは、次の通りです。

デメリット

  • 他の人と被りやすい
  • 料理用としては不向き

他の人と被りやすい

薪の上に置かれたナイフ

多くのキャンパーから人気を集めているナイフであるため、キャンプ場では他の人と被るのは必至です。

そのため、個性的なギアが好きな人には向いていないかもしれません。

その場合には、パラコードを使ったオリジナルのカスタムを施すのがおすすめです!

詳しくは、「手斧やナイフに!キャンプギアのおしゃれなパラコードカスタム術とおすすめの編み方4選」を参考にしてください。

おすすめ
パラコードカスタム術 サムネイル
手斧やナイフに!キャンプギアのおしゃれなパラコードカスタム術とおすすめの編み方4選

続きを見る

料理用としては不向き

玉ねぎとナイフ

切れ味は鋭いですが、料理に使うナイフとしては向いていません。

その理由として、刃厚が3.2mmと分厚いこと、ブレードの先が丸くなっていることが挙げられます。

そのためこのナイフで料理もブッシュクラフトもこなそうとするのは、難しいかと思います。

衛生的にも気になるところなので、料理には専用のナイフを用意しましょう。

まとめ

ステンレス製の刃

この記事では、ブッシュクラフト初心者におすすめしたい、モーラナイフのコンパニオンヘビーデューティ(ステンレス)をレビューしました。

ヘビーデューティコンパニオンのスペックおよび特徴は、次の通りです。

ポイント

  • 刃厚3.2mmの頑丈なブレード
  • 握りやすいラバーグリップ
  • 安全機能の付いたシース

また、実際に使って感じたメリットとデメリットは、次の通りです。

メリット

  • 切れ味抜群でブッシュクラフトが捗る
  • ステンレス製の刃のため手入れが簡単
  • コスパに優れてブッシュクラフトデビューに最適

デメリット

  • 他の人と被りやすい
  • 料理用としては不向き

コンパニオンヘビーデューティはこんな人におすすめ!

おすすめの人

  • ナイフを使ったブッシュクラフトを始めてみたい!
  • 初心者でも扱いやすいナイフがほしい!
  • コスパに優れたナイフを使いたい!

扱いやすいナイフを手に入れて、ブッシュクラフトデビューを果たしましょう!

それでは良いキャンプライフを!


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

BLIAN

キャンプ歴2年。私生活ではプチミニマリストな夫婦二人が、キャンプでも少ない荷物でおしゃれなキャンプを楽しむ『ミニマルキャンプ』にチャレンジ。この手軽なキャンプの魅力を、ブログ・Instagram・YouTubeにて発信中。おかげ様で当ブログは月間3万人の方にご覧いただいています!

-ギアレビュー